共謀空間FC

己の中に別なる己を持て。汝の心は汝のものに非ず。

by
  • Comment:0
  • Trackback:0

バグルアップ!

 IMG_1818.jpg
 「ガシャットは、回収する」

 『仮面ライダーエグゼイド』物語中盤において本性を現し、そのクレイジーな言動で異様な人気を博すに至った幻夢コーポレーション社長(当時)、壇黎斗。
 彼が変身する仮面ライダーゲンム・ゾンビゲーマーレベルXがS.H.フィギュアーツで登場。
 これも魂ウェブ限定。

 IMG_1813.jpg
 バグヴァイザーに蓄積した「死のデータ」を元に作り出した「DANGEROUS ZOMBIE」のガシャットにより変身する仮面ライダーゲンムの強化形態。
 ライダーゲージはデフォルトでゼロであり、どれほどダメージを受けてもゲームオーバーになることはない。

 IMG_1814.jpg
 エグゼイドの色違いであるゲンムをベースに骸骨の意匠を盛り込んだ姿を克明に表現。

 IMG_1815.jpg
 割れたゴーグル、ひび割れた胸のパネルなどもクリアパーツで緻密に再現。

 IMG_1816.jpg
 ベルトにはバグヴァイザーを取り付けたバグルドライバー。表示部はクリアパーツ。
 取り外すことは出来ないがガシャットは着脱可能。
 ゲンム・アクションゲーマーレベル2はイベント限定だそうで、そっちからベルトを持ってきたらレベルX-0も再現出来るかな。

 IMG_1826.jpg
 エグゼイドと。
 基本スーツ部分は共通だった今までの3ライダーからは大きくモールドを追加されている。

 IMG_1819.jpg
 IMG_1820.jpg
 IMG_1821.jpg
 非常に表情豊かな手首パーツが付属し特徴的なゾンビアクションを再現可能。

 IMG_1822.jpg
 レーザーから奪った「ギリギリチャンバラ」の武器ガシャコンスパローが付属。

 IMG_1823.jpg
 正直レーザーより似合うよね。

 IMG_1824.jpg
 左右組み合わせてアローモードに。

 IMG_1825.jpg
 ガシャットも装填可能。

 極めて人気の高いキャラクター故か出来栄え良好。
 アクションが印象的だった分弄ってて非常に楽しい。

スポンサーサイト
by
  • Comment:0
  • Trackback:0

FORGET MEMORIE'S

 IMG_1809.jpg
 S.H.フィギュアーツ対応ライダーマシンシリーズに『仮面ライダーZX』に登場したヘルダイバーが登場。
 正直よく分からないタイミングなのだが、魂ウェブ限定商品である。

 IMG_1804.jpg
 パーフェクトサイボーグ・ZXのためにバダンが開発した核融合エンジン搭載のスーパーマシン。
 最高速度は600km/h。水中航行用ハイドロジェット、カッターウイング、レーザーバルカンなどを装備した強力な制圧兵器。

 IMG_1805.jpg
 アーツ用バイクとしての仕様はもう変わりようがないというか。
 後部のアンテナはプラ製で破損注意。
 
 IMG_1806.jpg
 ヘッドライト部はクリアパーツ。
 フロントカウル上部のシールド部分はクリアでなく塗装だが、これは実車プロップに準じている模様。

 IMG_1807.jpg
 メーター類や各部ロゴも再現。

 IMG_1808.jpg
 実車プロップのベースはスズキハスラー250だそうで、カウルに覆われているがエンジン部も再現されているようである。

 IMG_1810.jpg
 ZXが搭乗。

 IMG_1811.jpg
 シート部がフラットなので収まりはいまいちだが、まずまず違和感なく乗せられる。

 IMG_1812.jpg
 スタンド用ジョイントももちろん付属。

 雑誌掲載とTVSPのみで展開していた『ZX』。そのバイクも当然露出は少ないわけで。
 最近漫画『仮面ライダーSpirits』で大量に登場するくらい。
 それを今更ながらによく出してくれたともいえる。
 アーツZXの発売がほぼ4年前だったわけだが、今回はセット販売はなかったな。何故だろう。
by
  • Comment:0
  • Trackback:0

食玩侮るなかれ。(二代目おじさま編)

 IMG_1803.jpg
 今年の戦隊ミニプラ『宇宙戦隊キュウレンジャー』キュータマ合体シリーズにも今年の大物枠が登場。
 「キュータマ合体 オリオンバトラー』全6種。

 IMG_1788.jpg
 やはり一箱でのプレイバリューは全く想定されておらず、すべて集めて組み立てることが前提になっている。
 子供向け食玩としてはどうかとは思うが、大友的には嬉しい。

 IMG_1789.jpg
 組み立てることで宇宙戦隊の新たな母艦・宇宙戦艦バトルオリオンシップが完成。

 IMG_1790.jpg
 戦艦と言いつつでっかいキャタピラが付いたSFメカ。
 ちなみに車輪はモールドのみで転がしは不可。

 IMG_1791.jpg
 大物枠ではあるが驚くほど大きくはない。

  IMG_1792.jpg
 明らかに某宇宙戦艦の最強武装を意識したシリンダー接続ギミックも搭載。

 IMG_1793.jpg
 格ボイジャーを搭載して発進時のコクピット接続も再現可能。

 IMG_1794.jpg
 主砲にして艦載機とも言うべきオリオンボイジャー。

 IMG_1795.jpg
 オリオンの棍棒のみがモチーフと言う大胆発想。
 キュータマのフードはクリアホワイト。シシレッドオリオンの搭乗がシールで再現されている。

 IMG_1802.jpg
 もちろんキュータマの接続部は共通なので他のロボにも合体可能。ただし右腕限定。

 IMG_1797.jpg
 立たせるだけではあるがオリオンバトラーに変形。

 IMG_1799.jpg
 背負いものがちょっとじゃまっけ。
 動かして逃がすことは可能。

 IMG_1800.jpg
 サイズは他のロボより二回りほど大きい程度。

 IMG_1801.jpg
 ムリクリな合体をしない分可動は標準以上に盛り込まれており大きくポージングが可能。
 足首がないが、背負いもののおかげで安定したり。

 IMG_1796.jpg
 キュウキョクギャラクシー!!
 今年は全合体じゃなく全集合系なのね。

 基地ロボ系となった今年の大物枠。合体ギミックはないものの二つの形態でのプレイバリュウが最大限盛り込まれている。
 
 さて今年のミニプラにも最終ロボが登場したが、もうちょっとだけ続く模様。
 
by
  • Comment:0
  • Trackback:0

傲慢と狡猾。

 ちょいと時事から一くさり。


 担任教師などから非常に厳しい叱責を受け続けた中学生が遂に自殺し、学校側が批判の対象となってるのは周知のとおり。
 少し前にも給食を無理やり食べさせて嘔吐させた教師の事とか報道に上がったわね。
 こういうことは昔からあったのだろうけれど。問題視されるようになったのは割と最近のこと。

 ―昭和世代の方々「軟弱になった」とか思うなかれ。人格を否定されるような事までされてはそりゃ死にたくもなる。それを乗り越えてこその成長だ、とかいうのはブラック企業の思想と同じであるよ。そういうのは成長と言わない。剪定と言うのだ。

 どうもね。維新後150年経っても封建意識がこびりついてるこの国に於いては。
 相手とその周囲の事を慮って「叱る」ことと、ただただ自身の感情に任せて「怒る」ことの区別をつけるのが下手糞なんじゃないだろうかね。
 行う側にしても、受け取る側にしても。
 だから、躾と称して単なる虐待を繰り返す大人や反抗意識から歪んでゆく子供が跡を絶たんのではないか。


 子供に出来ないことが多いのは仕方がない。絶対的経験値の足りなさは誰にもどうすることも出来ない。
 だから、その足りなさをフォローしてやる大人が必要になる。
 
 そのフォローがね、あまり上手くない国民性なのよ。多分。いわゆる「先進国」の中ではとりわけ。
 少子化の原因とかこの辺にもあるんじゃないのかね。
by
  • Comment:0
  • Trackback:0

とりあえず買ってきただけ。

IMG_1787.jpg
 今日のところは組み立てる時間が取れなかったよ…

 レビュウは明日以降。