共謀空間FC

一度主観を手放してみろよ。世界が見えてくるかも知れんよ。

チキンレース。

 最近報道などでは、
 某大阪の教育者と呼ぶには聊か品が無さげに見えるおっちゃんの話で持ち切りだが。

 何だろうね。当人と政府与党の物言いの齟齬は。
 「あんなに協力するって言うてくれたやないですか」「そんな話は知らんそもそもお前自体知らん」って感じで。
 変に関係を無かったことにしようとするから色々とボロが出てきてる人もいるし。
 ほんと、「あいつ困ったな」って思われてる雰囲気出しまくってて。

 ともあれ。
 右傾化が進む昨今とか言われてるが。
 戦前戦中のように若者をミサイルの誘導装置に改造するようなメソッドに拒絶感を抱くほうがまだまだ主流だということなのかな。
 だからそういう思惑にテコ入れをしようとして反感を買って慌ててなかったことにしようとしているような。安易かな。

 何やら、ある種の世間一般の思想調査のようにも感じた一件なのであった。陰謀論は根も葉もないが、考えを巡らすのは楽しい。

心にまで及ぶ試し。

 あの、神戸で高速の高架が根こそぎ倒れるという衝撃的な光景を映像越しにではあるが目の当たりにし、
 これほどの事はもうないだろう、と無根拠に思ってしまってから16年。

 それをはるかに上回る、想像を絶して余りある映像を見ることになった日から、今日で6年目である。

 人間は極限に直面するとその本性を露わにするという。
 被災した人々の懸命な努力と、それを支援する人々の尽力も紛れもなくその一面なのだろうけれど。


 一方で地方に逃れた被災者たちに向けられる差別的虐待的な所業もまた、人間の偽らざる本性。


 原発事故のあった土地から来た汚れた連中、まんまと支援をせしめたおいしい奴ら、などと彼らが被った辛苦など棚上げて論う卑しさが、喉元を過ぎた頃合いから露呈して来てしまっている。
 身勝手なものだよね。いつ自分らがそういう立場になるのかわかりゃしないのに、そんなことを想像することも拒絶して目の前の嗜虐の快楽に酔っているのだ。

 外部には良心を要求しつつ、実際は自分の事しか考えていない。
 こんな大きな試しの時期にさえ、そんな姿勢が変わることはない。

人のふり見て我がふりどうする。

 最近TVでは連日某国の某氏暗殺事件に関する報道が妙に目に付く。
 とりあえずは直接日本に影響が大きいとも思えない外国要人に関する事件報道でこんなに騒ぎ立てるってことあっただろうか。

 そりゃまぁ色々と陰惨なものを覚える事件ではあるが。
 こうまで騒がれると。何か別の意図がありそうで聊か蕭然とするところではある。
 
 歴史上の出来事を見ても。
 近隣国を見下し侮蔑しようという思惑を推し進めた国と言うのは、禄でもないことしかしなかったものなのだが。お互いと言う意味でも。

決戦は金曜日。

 今日からプレミアムフライデーとかなんとか言って、
 半ドンというほどではないが仕事の早上がりをする日を月1回持つとか。


 …我にはこれっぽっちも関係ない話だけどねあーははーはー。
 

 世の中そりゃ9to5で働いてる人が大多数なんだろうけれど。
 そうでない人もいなけりゃ世の中回らない。
 そういう人にはどういうフォローが出来るのかねぇ。
 ちょっとばかり不公平感とか覚えてしまう。

 どうもね、こういう労働対策の類って。
 的外れなことしてる感が強くってねぇ。

世界劇場。

 某国大統領「ドラえ○んごっこしようぜ!俺ジャ○アンな!」
 各国首脳「はぁ?お前何言ってr
 某国首相「じゃあ僕○ネ夫ー!(とりあえず、ドラ○もんのいないの○太にだけはなってたまるか!)」


 …何となくだが、そういう印象を持った先週末あたりである。


 まぁ偏見に過ぎんかもだが。
 世界中から「あいつ困ったな」って眉を顰められてる輩に揉み手しながら擦り寄ってゆくような様は見ていてあまり気持ちの良いものではない。
 感情論抜きにして実利で考えたらそうするしかない、とかであっても。

 どうも報道番組が笑えない笑劇を流しているように思えてくるってのは世も末だぁねぇ。

« 新しい記事へ  | HOME |  古い記事へ »

文字サイズの変更

プロフィール

A.V.S.&ドラティア

Author:A.V.S.&ドラティア
 脳味噌無駄遣い道を探求する共謀者たち・一退役兵とドラティアが関西辺境から世界を睥睨しつつ発信するためにならないブログ。

 旧『共謀空間』はこちら

分析生物飼育槽

投票ボタンなんだそうな。

blogram投票ボタン

最近の記事

最近のトラックバック

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2Ad

Template by たけやん