共謀空間FC

Category page - 随想

Category随想 2/102

絶望の季節。

 今日から9月。 就学世代は新学期の始まりである。 近所の学校に向かう子供たちの列も随分久し振りに見る気がする。 …一方で。 今日この日が例年青少年の自殺が最も多い日だという言う嫌な情報も昨今耳にする。 また学校が始まることに絶望感を覚えるような子がそれほどに多いということなのか。 だとしたら、これは。 この国の教育制度の大いなる敗北と言うことにならないか。 絶えず右肩上がりであることを強要しそのた...

  • Comment 0
  • Trackback 0

開き直り精神。

 朝からミサイル騒ぎで持ち切りの日本列島である。 各地で不安の声が上がり、対策は大丈夫なのかとか囁かれている状態だが。 有体に言ってしまって、 ミサイルが飛んできたら、どうしようもないと言うのが実際のところじゃないか。 政府筋の言う「対策」なんて、気休めどころか商品の注意書きみたいな責任逃れでしかなく、 実際降ってきたら逃げるどころか認識すらできないのが現状なのではないだろうか。 そもそもこうやっ...

  • Comment 0
  • Trackback 0

対策困難な傾向。

 この東洋のちっぽけな島国が身の丈に合わぬ栄達を求めておっぱじめた一連の活動が、 完膚なきまでに失敗したことが全国民に知らしめられた日から72年。 いつもなら茹だる様な暑さの中だが、 今年は雨模様で涼しく静謐な「終戦」記念日である。 以来、現在進行形のものも含め幾度かの危なっかしい局面も経てきたが、 どうにかこうにか戦火に巻かれることは一度もなく過ごせてきた僥倖。 これは何に感謝すべきなのかねぇ。 ...

  • Comment 0
  • Trackback 0

悪夢の昼下がり。

 こうも暑いと冷房入れて部屋に引きこもりがちな昨今であるが、 そうなるとうたた寝になることもままある。 そういう場合大抵はレム睡眠になっているようで、大体夢を見る。 目覚めた後内容は詳らかに覚えてはいないが、確かに夢を見たという感覚は残る。 ・・・何と言うか。 「夢だったんだ、ああよかった」って気持ちになる場合が、結構多い。 仕事してて深刻なトラブルが起きたとか、 重大な事故を起こしてしまったとか...

  • Comment 0
  • Trackback 0

世界宗教マンハッタン教。

 毎年のことながら、聊か辛気臭い話題も出てくる月である。 第3の炎が史上初めて人類の上に降りかかって明日で実に72年になる。 ―厨二くさい言い方になるのは勘弁して。世界的なトラウマなんで何だかまともに書きたくないのよ。 今年は件の国連決議の事もあって殊更に意味を持つ日だと思うんだが、 周知のとおり「現実に則してない」と保有各国は黙殺の構えだわよね、あの決議。 困ったことに72年前洗礼を受けた当事者である...

  • Comment 0
  • Trackback 0