冬眠しない動物(のはず)。

 最近姫様の写真が乗らないので貼る。

 IMG_1927.jpg

 …っておかしいな?いつもの向き自動補正が利かないぞ?


 心地よい場所探しには余念のない姫様。
 朝は人の体温が残る布団の中から出てこないのが困りもの。

 あわよくば食事なんかもここでしたいとか思ってるね君?

放浪者。

 天気のいい昼間は縁側。
 暖房器具を付けるとその傍。

 どちらもないときはひたすら人にアピール。

 心地よく暖かい場所を求めて彷徨う姫様もこの時期の風物詩ね。
 留守中なんかはどうしているのやら。

 IMG_1907.jpg
 人肌残りなども手ではある。

ぷにぷに凶器。

 今更言うほどの事でもないが。
 姫様が爪を切らせてくれない。


 痛いはずはないのになぜ嫌がる。
 そのくせ寒くてくっつきたがるんでこちらの方が痛い思いをすることしばしば。
 時には爪引っ掛けたままずり落ちたりするので流血ものの被害に発展することも。

 IMG_1875.jpg
 この丸っこいお手々に恐るべき獰猛さを隠し持っているのだ。
 どうにか早急に対策したいところ。

此処こそ我が楽園。

 一足早い冬の空気がやってきて、
 日中の気温も10℃前後をうろうろしている今日この頃。

 家人が留守にしている間姫様は辛かろうと、
 早くもペット用カーペットの出番と相成った。

 IMG_1869.jpg
 するとやはりと言うか日がなここにいらっしゃるわけだ。

 教えたわけでもないのに、「ここがぬくい」って何でわかるんだろうね、この人。

手痛い洗礼。

 昨日の、夕暮れ時のことである。
 家族が夕刊を取るために何の気なく玄関を開けると、どこやらに潜んでいた姫様がするりと外に抜け出してしまった。

 普段からおもてには出さないようにしている一方、近隣をうろつく外猫が気になって仕方がない姫様、
 連れ帰りたいが暗くなった時間の事探すことも出来ず、「まぁごはん時には帰ってくるだろう」と勝手口を開けて待っていると。


 外でひとしきり猫が騒ぐ声がしたと思ったら、薄汚れた姿で戻ってきた。
 あちこち毛が抜けたり縒れたりしている。
  IMG_1852.jpg
 どうも外猫に突っ掛かるか突っ掛かれるかして攻撃されたみたいなんだな。
 翌朝家の周りを見てみると、姫様のものと思しき毛が散乱してるところがあったし。


 出血などは見られないし触られるのを嫌がるところもないので怪我をした様子まではないものの、
 どうやら散々にやられたことがうかがえる。


 ―だから箱入り娘のキミが他所の猫に敵うわきゃないと言ってるのに!


 これに懲りて少しは大人しくなるかとも思ったのだが、
 今日も相変わらず外が気になる様子なのだった。
 IMG_1853.jpg
 下手に怪我したり病気貰ったりしてもつまらんぞ?

プロフィール

A.V.S.&ドラティア

Author:A.V.S.&ドラティア
 脳味噌無駄遣い道を探求する共謀者たち・一退役兵とドラティアが関西辺境から世界を睥睨しつつ発信するためにならないブログ。

 旧『共謀空間』はこちら

分析生物飼育槽

投票ボタンなんだそうな。

blogram投票ボタン

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索