FC2ブログ

異端者の終焉。

05 /30 2018
 最近どういうわけかとある少女漫画家が某朝ドラで取り沙汰されている。
 何であそこで実在の作家の作品群を取り上げたのか。そもあの作家はホントにトヨエツみたいな変人なのか。


 さておき。


 白泉社の看板雑誌のひとつ『花とゆめ』が、
 近々休刊するという話を聞いた。


 いわゆる少女漫画雑誌の中では一風変わった性格を持っていたと思われるタイトル。
 和田慎二、柴田昌弘、魔夜峰央といった明らかに他とは毛色の違う作家も多数起用し、「少女漫画」という定義を超えたボーダーレスな雑誌であったように思う。

 出版界冬の時代などと言われるが、
 もうこれ明ける当てのない氷河期みたいなもんなんじゃないかねぇ。

 ただでさえ昭和のアイコン的存在だったヒトやモノが次々消えてゆく昨今。
 これから来たるべき時代に漠然とした不安じみた物すら覚える旧人類である。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

A.V.S.&ドラティア

 脳味噌無駄遣い道を探求する共謀者たち・一退役兵とドラティアが関西辺境から世界を睥睨しつつ発信するためにならないブログ。

 旧『共謀空間』はこちら