2017/07/09

さよならだけが人生なんて。

 蒸し暑くてしんどいねぇ。何をやる気力もおきんわ。
 ・・・だが今世の中にはそんな事言ってられない人だっていっぱいいるんだ。気持ちを奮い立たせねば。

 さりとて今日は安息日。週に一度のお楽しみ。
 恒例・ヒーロータイムレビュウである。


 『宇宙戦隊キュウレンジャー』。前半と後半の空気の違いにただただ戸惑うばかり。兄弟の因縁の決着と涙の別れ、そして新戦士無双。正直これらをひっくるめちゃったんで余韻も何もあったもんじゃない。かくしてしばしリタイアしてたチャンプは生還し、仲間を得て強くなった弟を見て唐突に綺麗な兄貴に戻ったスコルピオは斃れ、そしてついに姿を現したアルゴ船はただの新戦士の入れ物だったという。ストレスレスなサクサクした進みようなんだがお話的には語るようなものがないなぁ。そして二人目の地球人戦士として登場した新キャラ、こいつもまた強いがめんどくさそうな奴。どうやら何らかの目的を持っているようでなかなか共闘とはいかなさそうだね。まぁいつもの事だけど。


 『仮面ライダーエグゼイド』。煩悶の最中にあった天才外科医鏡飛彩、遂に振り切りCRに帰還。「世界で一番のドクターになる」。それは今の飛彩を形作る最大の約束であり、たとえそれを彼に託した存在自体を天秤にかけたとしても穢すことは決して出来ないこと。正宗はやってはならない悪手をとったことになる。考えてみれば言うほど正宗も余裕がないのかもね。当初の目論見としては恐らくバグスターもCRもさくっとへし折って屈服させ、いいように利用しようとしていたのだろう。それがCRはなかなか折れない。バグスターも息を吹き返して色々と攻略法を講じてくる。そうこうしているうちに貴利矢も離反し、無敵のクロノスの絶対的優位性も揺らいでくる。もうとりあえずはムテキゲーマーをどうにかしないと詰むってところまで追い詰められてるのではないかと。経営販売戦略については優れていても、ゲームの制作は息子に敵わず、ゲームの攻略もCRのドクターやバグスターほどではないのだろう。窮地の悪役程何やらかすか分からんものはない。手駒たるものを全て失った壇正宗の次なる一手は。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

A.V.S.&ドラティア

 脳味噌無駄遣い道を探求する共謀者たち・一退役兵とドラティアが関西辺境から世界を睥睨しつつ発信するためにならないブログ。

 旧『共謀空間』はこちら