Article page

by
  • Comment:0
  • Trackback:0

 今日から7月。ステージは夏季クールに移る。

 懲りずに深夜アニメウォッチャーやってる共謀空間さんとしてはそれなりに今期の新番組をチェックしているわけだが。
 今季は何だか懐かしいタイトルの復活もちょこちょこ目に付いたりもする。


 そのうち一つが。
 『地獄少女 宵伽』。


 そう。かの「見れば見るほど気が滅入る」を謳い文句にした元祖にして究極の鬱アニメ。
 声優・能登麻実子の出世作ともなった問題作が、実に10年のブランクを経て帰ってくるのだ。

 依頼者も死後地獄に堕ちる、というシステムにより、よくある復讐代行ものの持つ爽快感を完膚なきまでにそぎ落とし、
 誰も救われない後味の悪さを楽しむことを視聴者に強要する、闇深い人間ドラマ。
 回顧録6話に新作6話と言う体裁ではあるが、まさかの復活である。
 実は本ブログでも度々取り上げたタイトルである。というと長く続けたことを実感せざるをえなかったりするのだが。

 果たして。前3期で嫌と言うほど知らしめたその空気を、今いかにして展開するのか。
 個人的に興味の尽きぬところではある。

 
スポンサーサイト
A.V.S.&ドラティア
Posted byA.V.S.&ドラティア

Comments 0

Leave a reply