裏切りの季節。

 信用とは、所詮守られるかどうかわからない約束に過ぎない。

 だから。相手を信用するより、徹底的に相手を分析して理解するほうがいい。

 -それがそう簡単には出来ないから、この世には裏切りの種が尽きないわけだけれども。


 そんなことに思いを巡らせつつ。
 裏切りの1時間となった、本日のヒーロータイム。


 『宇宙戦隊キュウレンジャー』。変わり果てた兄、スコルピオとスティンガーの再会。遂に明かされるその真意…なのか?今回のミソはスコルピオが一切「嘘は言っていない」点にあるんだな。ただその思惑の全貌を小出しにすることで弟と視聴者の目を欺く。かくしてその悪辣無比の本性を現したかに見えるスコルピオだが・・・果たしてこれでそのすべてをさらけ出したのだろうか。ここまで小出し小出しで「真意」を見せてきたら、まだもう一枚二枚皮被ってる様にも思えてしまう。果たしてこのまま「吐き気を催す邪悪」「憎むべき敵」で終わってしまう存在なのか。9人と言う大所帯戦隊、それでも色々と理由をつけてインアンドアウトを行う構成はなかなか巧妙。


 『仮面ライダーエグゼイド』。クソゲーに降臨した神運営壇正宗=クロノス。生命の尊厳という概念を度外視した怜悧な運営ではあるが、それに目をつぶれば至って合理的ではあるわけで。その点非常にやりづらい相手ではある。だが弄ばれると感じる者たちにとってはたまったものじゃない存在ではあるわけで。特に敵キャラ有利のゲーム環境で有頂天ぶっこいていたバグスター陣営にとっては生殺与奪権を握られる理不尽な状況に急転直下で転落したわけで。さらに医師本来の使命とは別のモチベーションを秘めていた飛彩はその立場の危うさに付け込まれて離反の憂き目に。想いの交錯こそ群像劇の真骨頂。無敵に見えるクロノスにも攻略の目が見えてきたということで事態はまた異なる方向に転がり始める。
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback