Article page

by
  • Comment:0
  • Trackback:0

 被災地復興の元締めが度重なる失言の果てに辞任に追い込まれたのは周知のとおり。
 同会派の幹事長の「言葉尻をとらえて死ぬほど叩くのは如何なものか」とかいう贔屓目のフォローもあったりしたが、
 とりあえずそいつを完全に悪者にしといて当地を慰撫するのが妥当な線だという扱いになったようで。


 いやさ。ぶっちゃけ。
 中央の連中って、「あんな過疎高齢化が進んで金を生みそうにもない地域なんて正直どうでもいい。つうか邪魔」とか思ってるだろ?


 だから、油断してるとああいう形の本音がぽろっと出る。
 誰もかもがそういう風潮をうっすらと感じ取ってるからこそ。
 当地の人々は過敏になり、中央はおためごかしに汲々としてるんじゃないのかねぇ?


 支持率の高さを楯に割とやりたい放題やって、都合の悪いことはシャットアウトしてる感のある現当局だけど。
 その支持理由の内訳が大部分「他よりマシそうだから」だってのはもっと気にしたほうがいいんじゃないかねぇ。
スポンサーサイト
A.V.S.&ドラティア
Posted byA.V.S.&ドラティア

Comments 0

Leave a reply