ときめきアイデンティティクライシス。

 …えー。
 2級社畜ドラティア、明日より9連続出勤です。


 久々に来たよ、連休前の週またいでの連続勤務・・・
 これを乗り切れば5連休が待っているとはいえ、この割の合わない感は異常。


 そんな乾いた心をいやす週に一度のお楽しみ。
 恒例・ヒーロータイムレビュウ。


 『宇宙戦隊キュウレンジャー』。地球代表戦士となってちょこっと調子に乗ってる小太郎の一方で、いつものポジティヴシンキングでもおっつかないほどのどん底に見舞われるラッキーの姿を描く。前向きな一方で常に自分はツいてると言い聞かせてるようなとこは以前よりあったよね。元より、単なる能天気野郎と言うには随分と深いことを口にすることがあった彼、やはりああいう境地に至るまでは様々なことがあった身の上の模様。それがどうやらついに語られる。宇宙一の強運男、その原点とは。


 『仮面ライダーエグゼイド』。かつて壇黎斗の思惑によりCRに身を寄せドクターたちと関わって来たバグスター、ポッピーピポパポが直面するジレンマ。彼女もまた、人の死を産声にして生まれてきた存在に他ならない。そして今また人間の敵となった彼女。患者のため、ゲーム攻略のためには倒さねばならぬと決断するCR医たちだが…その創設以来苦楽を共にしてきた相手を病巣として切除するには忸怩たる想いが拭えない。こういう時に新たな選択肢を提示するのが主人公の役割。ゲームキャラと言ってもただプレイヤーのエネミーとは限らない。プレイヤーとともにゲームを楽しむのもまたゲームキャラのあり方。その解釈が福音となる。…だが。ゲームを楽しむため、と称してゲームキャラのあり方を捻じ曲げるという行為に及ぶその名の通りの矛盾に満ち満ちたバグスターが大団円をひっくり返す。ゲーム病患者としての宝生永夢、その根源にかかわる正体不明のバグスター・パラド。お話はまた急展開。
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback