Article page

by
  • Comment:0
  • Trackback:0

 お彼岸の3連休中日皆様いかがお過ごしでしょうか。
 我には無縁の話だけどねあーははーはー。

 穏やかな晴天の元車の冬タイヤも今期お役御免の日曜日。これやると春が来たって感じする。
 恒例・ヒーロータイムレビュウ。


 『宇宙戦隊キュウレンジャー』。9人そろったはいいがまだまだ烏合の衆レベルの宇宙戦隊、例によってリーダー決め話が持ち上がって後に一応のまとまりを見せるの段。ラッキーはただ運に乗っかってるだけの奴じゃないってことは最初から大体わかってることではあるが。それに改めて公式に言及することに。あの「よっしゃラッキー!」は現役期の中畑清の「絶好調!」の如くにすべてを前向きにとらえる自己暗示みたいなものなのかも知れんね。その境地に至るまではかなり色々あった奴なんじゃないかって気もするが、今後それが描かれることってあるのかねぇ。どうやら因縁ある相手も登場し、お膳立ては整ったって印象。


 『仮面ライダーエグゼイド』。折り返し地点に至り、お話の発端を作り以降そのゲーム脳でもって神を称しある意味大活躍を続けたゾンビ社長こと仮面ライダーゲンム・壇黎斗はただの中ボスどまりで退場することに。全てを掌上で転がしているつもりだった自称ゲームマスターはその思惑をいち早く見抜いた一監察医の死してなお残した執念と、羨望と野望の原点であった一人のゲーム好き青年、そして自ら生み出したゲームキャラの手により絶頂から叩き落され消え去ることになる。視聴者的にはスカッとした幕切れではあったが、ドクター永夢にとっては一つの命を救えなかった苦い想いを残すことになる。まぁ医療ドラマのお約束。今後の敵はパラドに集約されることになりそうだが、彼自体は良くも悪くもゲームを楽しみたいだけの愉快犯。「ただのゲームキャラ」である分生命の尊厳と言う概念が全く通じない、医師と言う立場からはアンチテーゼとも言うべき存在。それで残り半分どうお話を転がすんだろうかね。

 さて次回はどうやら、恒例の映画プロモーション戦隊ライダーコラボ編の模様。今回はどういう形式で来るか。「何!?街で巨大なロボが暴れてる!?」はあるのか。
スポンサーサイト
A.V.S.&ドラティア
Posted byA.V.S.&ドラティア

Comments 0

Leave a reply