Article page

by
  • Comment:0
  • Trackback:0

 1月去ぬとはよく言ったもので早くも今年ひと月終わろうとしている。
 前2週が雪の始まりだった分寒さは緩んだ感じだが。

 そんなわけで1月最後の日曜日。
 恒例・ヒーロータイムレビュウ。


 『動物戦隊ジュウオウジャー』。手持ちのプレイヤーチームを使い果たしたデスガリアン、最後っ屁を放つの段。風切親子とバドの確執を最後まで引っ張った分、何か押した展開になってしまっているのは否めないかな。ともあれ。大きなレベルでも小さなレベルでも「すべての生命は繋がっている」ことを認識した王者たち、世界を守るために閉じるのではなく開かれた未来へと進むためにジニス最後の遊戯に立ち向かう。本当に、ちょっと構成的に惜しい感じがするラスト前。あのナリアさえもののついでのような倒され方にしてしまうとは。若干の切なさを残したまま、繋がりの物語次回終幕。

 『仮面ライダーエグゼイド』。突然現れ永夢に激しい敵愾心を示した少女ニコがただの逆ギレ少女だったことにがっかり。とりあえずの手段が大我をけしかけることだったり、恨みの大本であるゲームの勝ち負けが命がけみたいな深刻なモチベーションでもなかったりするあたりも色々とはた迷惑なだけだというがっかりさ加減。それでも今後も何かと絡んでくるんだろうなあのウザ子。大我もなんやかんやでほっとけなさそうだし。だがまぁ、飛彩も大我も少しずつ永夢に対する接し方が変わってきた感じ。飛彩にとっては多分初めて「がっつりと関わった患者」ということになるんだろうし。大我の態度も大分ツンデレ成分が増してきたようにも。当の永夢は相変わらずのお人好しバカでしかないというバイアスの足りなさ加減にもちょっとイライラする。社長とパラドも協調してるとは言い難い一方3人の医師に共通見解が出てきたのはいいことだと思うが、何か色々ともどかしい番組だな。
スポンサーサイト
A.V.S.&ドラティア
Posted byA.V.S.&ドラティア

Comments 0

Leave a reply