Article page

by
  • Comment:0
  • Trackback:0

 普段当たり前に使っているのものが、
 突然使えなくなるのは困りもの。

 特に。
 「必要だけど使用頻度は決して高くないもの」なんかは、
 異常が発生しても気付くのが遅れる、対応もしづらいといざと言う時非常に困る。

 
 そんなわけで。
 今回いかれたのは「呼び鈴」。


 もう販売も終了しているインターホンで、
 修理も不可能とか言われてしまった。
 片田舎でひっそりと暮らしている分来訪者も少なくあまり使わないっちゃ使わないが、
 さすがに世を捨ててるわけでもなし。手狭な家でもないので全くないのも不便極まる。

 よって交換せねばならぬわけだが。
 来訪者の顔を確認できるモニター付きが最近のインターホンのデフォ。
 しかしそれほど物騒な土地柄でもなく、そこまでの必然性も覚えられない。
 
 よって。ごくシンプルなチャイムのみにしようかと。
 これまでそれで不具合もなかったし。

 交換を機にした取捨選択というのも大事だよね。うん。
スポンサーサイト
A.V.S.&ドラティア
Posted byA.V.S.&ドラティア

Comments 0

Leave a reply