2016/10/12

食玩侮るなかれ。(伝説の巨獣編)

IMG_0683.jpg
 久々に気合の入った出来栄えのミニプラ戦隊ロボ『動物戦隊ジュウオウジャー』シリーズに、原初のジュウオウキューブ・キューブホエールが「動物合体シリーズ・ドデカイオー」としてリリース。
 全6種で各税別350円。各箱でのプレイバリュウは皆無で全部そろえてようやく一つのデカブツが組みあがるという最近おなじみのパターン。

 IMG_0684.jpg
 まずはキューブモード。すべてを拒絶して引きこもってた形態ね。
 キューブというか要塞か何かにも見えたり。

 IMG_0685.jpg
 このシリーズのお約束でシールはメッキ仕様。

 IMG_0686.jpg
 従来のジュウオウキューブと比べるとその大きさも相当なもの。
 本当に、ミニプラって何?

 IMG_0687.jpg
 DX玩具では変形キーになっているカイオースピア。 当然ミニプラではそんなギミックはない。
 伸縮ギミックもないが先端部はクリック入りで回転可能。
 他のロボとかでも持てるグリップとかあってもよかった気がする。

 IMG_0688.jpg
 これを鯨の潮に見立てて上面にぶっ挿し…

 IMG_0692.jpg
 両脇に折りたたまれていた尻尾を展開すると動物モード・キューブホエールが完成。

 IMG_0690.jpg
 今回も色分けが秀逸でシールは最小限。
 反面ランナーの色分けの都合で各箱結構バラバラにパーツが振り分けられている。

 IMG_0693.jpg
 まぁ、クジラへの見立てはそこそこいい感じ。
 怒りと願いを込めたアクマ族の空中戦艦を彷彿とさせるって説もあったな。

 IMG_0691.jpg
 裏面には車輪があり、コロ走行可能。

 IMG_0694.jpg
今までの大和の相棒も小さく見えるこのボリューム。

 IMG_0695.jpg
 今までで最大のキューブライノスと比較してもこの通り。

 IMG_0696.jpg
 最後に去年一昨年のデカブツ枠ミニプラと。
 確かにでかいのだが。今回ランナーに付いてさえいない大雑把なパーツが箱からごとん、と出てくるようなことはなく、それなりに細かい部品から組み上げられている。
 その分ただの置物とは違う出来になっている模様。

 さて今日はここまで。変形合体に関しては明日以降紹介の予定。
 相変わらずミニプラレビュウは写真がアホみたいな量になるなぁ。

 
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

A.V.S.&ドラティア

 脳味噌無駄遣い道を探求する共謀者たち・一退役兵とドラティアが関西辺境から世界を睥睨しつつ発信するためにならないブログ。

 旧『共謀空間』はこちら