共謀空間FC

一度主観を手放してみろよ。世界が見えてくるかも知れんよ。

遊びじゃないゲームはゲームと言えるのか。

 平成仮面ライダーももう数えて18作目。
 『クウガ』の年に生まれた子供がもう高校卒業間近になる、とか考えたら途端に自分も齢をくったなぁという気分に。

 そんな新番組『仮面ライダーエグゼイド』を含め、
 2016年度秋季最初のヒーロータイムレビュウ。


 『動物戦隊ジュウオウジャー』。4号ロボ参入後の一区切り、箸休め回…なんだろうけど。それじゃすまないやたらめったら濃いお話。みんなのシャドウが表に出てきちゃう。戦隊のメンタル攻撃系はいつも相当にえげつないわね。今回の場合、裏返りがすぐに解除される分術にはまった当人にもダメージが及ぶのがエグい。裏返っても大して変わらないレオに何かほっこりし、そして大和に対する罵倒から薄々「こいつ嘘くさいくらいいい奴だ」とか思われてる様子に軽く慄然。そして当然こういう場合的にされるのは絹ごし豆腐メンタルのみっちゃん。誇張されてるとはいえ本音をぶち当てられ何か新しい世界が開けそうなくらいの打撃って子供番組でやるなそんなこと。まぁこういう場合、もう一人普段素直じゃないやつがいるってことが救いになるわけで。相手の裏も表も知り受け入れられるのが真の友であり仲間なのだということを説く。やはり戦隊って理想の人間関係の縮図でもあるのかもねぇ。そんな感じに円満に終わるかと思いきや、何かまた酷いオチが付いたのだった。


 そして新番組『仮面ライダーエグゼイド』である。コンピューターゲームモチーフというまたちょっとどうかというスタイル。まぁ平成ライダーに「ゲーム」という要素は割とよく取り上げられてはいるわけだが。今回はかなり直接的。しかしわかりやすいとは言えゲームイメージが8ビット世代レベルだというのはどうなんだろう。案外ゲームの概念なんてファミコン時代からそんなに変わってないということなのかも知れんねぇ。そしてもう一つのモチーフが医療。エグゼイドって「Ex-aid」なんだね。『ドライブ』で最も正義の味方という概念に近い実在として警察官を取り上げたように、直接的に命を守る役職として最もヒーローに近い実在である医師を取り扱う狙いがあるのだろう。ともあれまだ第1回。ピコピコレベルのゲーム風アクションは単純に見ててあはは何これって感じの面白さだが。これからどういう展開になってゆくかねぇ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://kyoubousince0725.blog114.fc2.com/tb.php/3517-f633adbd

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

A.V.S.&ドラティア

Author:A.V.S.&ドラティア
 脳味噌無駄遣い道を探求する共謀者たち・一退役兵とドラティアが関西辺境から世界を睥睨しつつ発信するためにならないブログ。

 旧『共謀空間』はこちら

分析生物飼育槽

投票ボタンなんだそうな。

blogram投票ボタン

最近の記事

最近のトラックバック

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2Ad

Template by たけやん