死んだ子の齢を数え続けて。

 ―言われてみれば。
 先の日曜日で、世界情勢が色々と変わる切っ掛けになったあの出来事から丸15年になるのか。

 失念してしまう程度には、過去のことになってしまった、ってことなのかな。
 この国でも全土が焦土と化した戦後15年も経てば経済成長に沸き返っていたのだから。
 

 お話の中に出てくる悪の組織みたいに、
 ただ人類を滅ぼそうと目論む連中なんて現実には多分、存在しない。
 そんなのは「正義の味方を」成り立たせるためだけに作り上げられた概念なのだから。

 誰もかも、
 自分たちが少しでも生きやすい世の中にしよう、
 自分の都合にあう世界にしようと、それを思っているだけだ。

 その手法として人を殺すというやり方を選択するのは、
 それが一番簡単で、一番効果的だと思ってしまう短絡思考によるものに過ぎないのだろうね。
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback