共謀空間FC背景

共謀空間FC

とりあえず、相手をぶん殴ろうってとこから出発するのが人間の悪いクセ。

INFORMATION

固定表示 削除可




たとえどんなに明日が遠くても、霞んで見えても。

 IMG_0627.jpg
 先日より紹介しているMASTERPIECE ZOIDS第2弾・セイバータイガー。
 外装パーツを組み付けようやく完成。
 満を持して完全版レビュウ。

 IMG_0628.jpg
 惑星Zi陸戦の概念を塗り替えた初の大型高速戦闘機械獣、ゼネバス帝国軍のサーベルタイガーのガイロス帝国バージョン。
 改良を加えられて性能も向上、時代を超えて共和国軍のシールドライガーの前に立ちはだかる。

 IMG_0629.jpg
 名称はセイバータイガーだがカラーは新世紀版のカーマインよりはいわゆるゼネバスワインレッドに近いサーベルタイガー色。
 形成色だが質感の安っぽさはない。

 IMG_0630.jpg
 元々ちょっとゴンタな面構えのゾイドだが、結構すっきりとしたイケメンフェイス。
 IMG_0631.jpg
 もちろんコクピットハッチ開閉。
 今回は単座。

 IMG_0632.jpg
 パイロットフィギュアはちゃんと銀色メッキ。
 造形自体はMPシールドライガー付属のものと同じ。

 IMG_0635.jpg
 また、ハッチと鼻面部分を差し替えて歯をむき出し威嚇するような唸り顔フェイスにすることができる。
 こういうのは表情のある帝国ゾイドならでは。

 IMG_0642.jpg
 IMG_0643.jpg

 現在手元に比較対象の元キットがないのだが、やはり全体ディティールをほとんど変更した完全なリデザインになっている。

 IMG_0633.jpg
 各部装甲材に軽量素材を使っている、という解釈から外装各所にクリアパーツを使用。

 IMG_0634.jpg
 実はこのクリアパーツ、裏側にタイガーパターンのモールドが施されていたりする。
 ゾイドでは今まであまり表現されることのなかった虎の縞模様をこんな形で取り込むとは。

 IMG_0638.jpg
 電動アクションは昨日紹介したとおり。シールドよりも各部の動きが顕著になったような。
 喉部分に部品を加えることにより口の開閉が大きくなっている。

 IMG_0639.jpg
 シールドライガーと。
 …何というか、同一コンセプトの機体を並べると共和国ゾイドにはローテクぽいムリクリ感を覚えてしまうのは帝国びいきゾイダーの錯覚に過ぎないのだろうか。

 IMG_0641.jpg
 フレーム脚部は同一の両機だが、装甲の付け方の違いでそうとは思えないほどの差異が。

 IMG_0636.jpg
 シールドと同じディスプレイスタンド付属。

 シールドと比べても細々したところに改良が加えられていてかなり完成度が向上してるように見える。
 実は生涯初ゾイドがサーベルタイガーだった一退としては思い入れを裏切らない出来栄え。

 さて、このシリーズまだ続くのだろうか。今後ライガー系だけでなくジェノザウラーなんかも出してほしいところだが。
スポンサーサイト
2016/09/06 [22:50]

コメント

コメントの投稿

# プロフィール

A.V.S.&ドラティア

Author:A.V.S.&ドラティア
 脳味噌無駄遣い道を探求する共謀者たち・一退役兵とドラティアが関西辺境から世界を睥睨しつつ発信するためにならないブログ。

 旧『共謀空間』はこちら

# 分析生物飼育槽

# 投票ボタンなんだそうな。

blogram投票ボタン

# 最近の記事

# 最近のトラックバック

# 最近のコメント

# 月別アーカイブ

# カテゴリー

# ブロとも申請フォーム


PAGE TOP
広告: