「見てて下さい、俺の…

 IMG_0591.jpg
 S.H.フィギュアーツの新規格、真骨彫造形シリーズ新作はまたまた『仮面ライダークウガ』より。
 仮面ライダークウガの最終形態である「究極の力を持つ者」仮面ライダークウガ・アルティメットフォーム。
 真骨彫初の魂Web通販限定商品である。

 IMG_0582.jpg
 リントの戦士クウガの到達点である「四本角の凄まじき戦士」の姿。
 グロンギの頂点である「究極の闇をもたらすもの」と本質的に同じ存在であり、人の心を持たぬ破壊マシンのはずだが―

 IMG_0583.jpg
 やはり遠目にはライブスーツと見紛う驚異の造形。
 全身に走る複雑なラインも関節パーツ部に至るまで緻密に造形・塗装されている。

 IMG_0587.jpg
 顔の造形も文句なし。
 レッドアイズでも今までよりやや暗い色合いか。

 IMG_0589.jpg
 変身ベルト・アークルはライジングマイティ以降の強化状態にクリアブラック。

 IMG_0595.jpg
 真骨彫マイティフォームと。
 造形は全く違うが素体の構成、サイズはほぼ同じ。

 IMG_0590.jpg
 旧アーツと比較。
 旧版もかなり頑張ってはいたのだが、やはりいくらか省略されてたのだなと。

 IMG_0596.jpg
 可動も真骨彫の仕様に準ずる。ちょっと胴体の可動範囲が狭いかな。

 IMG_0592.jpg
 発火能力使用時など手首オプションも結構豊富。
 ハンドル等持ち手やサムズアップ手などちょっとアルティメットには似つかわしくないものも。
 手甲の古代文字はライジングマイティ同様レリーフ。

 IMG_0593.jpg
 「聖なる泉枯れ果てた」ダークアイズ状態の頭部も付属。
 一応クリアパーツではあるようだが透明度はほとんどなく、正しく闇の色の眼。

 IMG_0594.jpg
 実は『クウガ』本編では一瞬のイメージでしか現れない姿。
 この状態でバリバリ戦うのは10年後の劇場版『ディケイド』まで待つことに。

 IMG_0597.jpg
 「悪と戦うことは必ずしも『正義』ではない」という従来の仮面ライダーの定義を覆すショッキングなテーマを表す形態として印象強いこのキャラクター。
 ゆえに本編登場はごく僅かであるにも関わらず人気なのだろう。
 このアーツも決定版と言える出来栄え。

 
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback