Article page

by
  • Comment:0
  • Trackback:0

 (V)o¥o(V)             (……これが一発で変換できるようになるとは…)
 IMG_0528.jpg
 S.H.フィギュアーツで展開が開始された『ウルトラマン』。
 その第2弾は第2話「侵略者を撃て」に登場して以来すっかりウルトラマンの宿敵としての地位を確立した宇宙忍者・バルタン星人。

 IMG_0521.jpg
 母星を失い宇宙をさすらう果てに辿り着いた地球の侵略を目論む宇宙人。
 分身や瞬間移動などの超能力で相手を翻弄する。
 火星に存在する物質スペシウムが苦手。

 IMG_0522.jpg
 初めて出現したいわゆる初代の姿を再現。
 実は前作『ウルトラQ』に登場したチルソニア星人ことセミ人間のスーツの改造だったんだよね。

 IMG_0523.jpg
 目はクリアパーツ。
 微妙にアンシンメトリーで歪な造形が当時のスーツ感を際立たせていたり。

 IMG_0524.jpg
 ウルトラマンと。
 アーツとしてはかなりボリューミーだが、「中の人」的な対比としてはほぼ適切。
 
 IMG_0525.jpg
 ULTRA-ACTでリリースされた二代目とも対比はほぼ同じ。というか仕様的にほとんど差がなかったり。
 ACT版ってもう6年前のアイテムなんだよね。

 IMG_0526.jpg
 可動は案外優秀で、特に胴体など二重ボールジョイントでグリグリ動かせる。
 つま先の可動とハサミ部分のロールがないのがACT版に劣るところだが、まぁ気にするほどでもないか。

 IMG_0527.jpg
 ただし今回オプションの類は一切付属せず、フィギュアのみで勝負という潔い仕様。

 IMG_0529.jpg
 ウルトラマンのタイプAヘッドとか付けてほしかった気がする…
 色々こだわってるんだからそのくらい、ねぇ?

 出来そのものは至って良好で当時のカタルシスなども甦らせてくれる逸品なのだが・・・
 どうにも割高感は拭えないね。この仕様で6千円近いとは。

 

スポンサーサイト
A.V.S.&ドラティア
Posted byA.V.S.&ドラティア

Comments 0

Leave a reply