自慢のジェットで敵を撃つ。(New spec)

 IMG_0503.jpg
 さて。久しぶりに交換の手間がかかってしまったが。
 S.H.フィギュアーツで展開が開始された『ウルトラマン』シリーズより最近のアーツフォーマットで作られたウルトラマンを今更であるがレビュウ。
 結果的に買ったものよりだいぶん状態のいいものが届いた。善哉。

 IMG_0504.jpg
 M78星雲光の国から宇宙囚人ベムラーを護送してきた宇宙警備隊員。
 ベムラーを取り逃がした地球で偶然巻き込んでしまった科学特捜隊ハヤタ隊員と融合し、地球を守るため怪獣や宇宙人と戦う。

 IMG_0505.jpg
 造形は本編放映当時のスーツをイメージしていると思われる。
 所々歪な造形になっているのはそのため。

 IMG_0506.jpg
 顔の造形も当時スーツのいわゆる「Cタイプ」を元にしている模様。

 IMG_0507.jpg
 ULTRA-ACT版(リニュVer.)と比較。
 アーツ規格にリサイズ。こうして見るとACT版は最近のスーツあるいはイメージ優先だったことがよく分かったり。これはこれで好きだが。

 IMG_0508.jpg
 怪獣ACTと。
 だいぶん大きいようでいて、「中の人」的には適切なサイズになっているような。

 IMG_0510.jpg
 可動は良好。
 お約束の猫背の構えもご覧の通り。

 IMG_0511.jpg
 そらす方向にも大きく動き、首が大きく上を向くこともあって飛び姿勢も違和感なく。

 IMG_0509.jpg
 IMG_0512.jpg
 肘の曲がりはACTよりも狭いかな。
 肘の上にロールが仕込まれたため、腕を内側にしやすく。高速回転の腕組みポーズやウルトラ水流のポーズなども取れる。

 IMG_0513.jpg
 もちろんスペシウム光線ポーズも楽々。
 エフェクトはACT同様手首と一体。

 IMG_0514.jpg
 その他のオプションはカラータイマー(赤)と、

 IMG_0515.jpg
 リバウンド光線(ウルトラバリア)。PETシートで専用スタンド付き。
 股関節もアーツ規格のため、膝立ちはちょっと苦手。
 ちなみに今回ウルトラスラッシュ(八つ裂き光輪)エフェクトはなし。

 IMG_0516.jpg
 50thアニバーサリーVer.としてビルセットなどがついているものも発売されたが、こちらで十分。
 出来は文句なく良好だが、ACTというシリーズに結構愛着があったのでこちらのフォーマットでの展開にはやや複雑な気分。

スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback