Article page

by
  • Comment:0
  • Trackback:0

 そろそろ次なる仮面ライダーシリーズの情報が露出し始めているねぇ。
 何でも次なるライダーのモチーフは「ゲーム」そのものだそうで。
 アクション、RPG、シューティング、レースといったゲームジャンルをモデルにしたライダーが登場するらしい。

 そんな話をしていると、
 ドラティアが「じゃあギャルゲーモチーフのライダーとかもいるかな!?」なんて言いだして。


 どういうライダーになるのか考えかけたら、
 想像力のヒューズが吹っ飛んだ。


 まぁそれはさておき。
 恒例夏の劇場版公開間近。今週のヒーロータイム。


 『動物戦隊ジュウオウジャー』。OPEDにも参加して晴れて番組的にも仲間入りを果たした世界の王者みっちゃん。だがナレのチョーさんさえも呆れる面倒くさい奴なのは変わらないわけで。そんなみっちゃんと、動物戦隊第1の難物枠タスクとの間に生まれる絆と言うかなんだこりゃというか。みっちゃんのほうは親近感を覚えるわけだがマジボケ系のタスクのほうにはそういう感覚があまりないのが笑いを誘う。何かもう出てくるだけで笑えてしまうのがちょっとズルいよみっちゃん。悪気がないのは確かなのだが正直懐かれると鬱陶しいタイプであるあたりはちょっぴり痛々しさも覚えつつ。しばらくはみっちゃんと各メンバーとの絡みでお話が進む感じになるのかな。

 『仮面ライダーゴースト』。まぁ刑事の父親に対する疑念は予想通りのフェイクだったわけで。どうもドラマパートの茶番臭が鼻について見づらいなぁ最近。正直映画公開に向けたキャラ紹介編として割り切るしかないのか。それでも、本格的に人間の持つ情念に興味を持ち始めたガンマイザーがアデルの目論見を離れ始める様子なのが見て取れてその辺は終盤に向けてのファクターと考えるべきか。ぶっちゃけ見続けるのにちょっと苦痛を覚えてきたりもするが、どうにか最後まで付き合う所存。
スポンサーサイト
A.V.S.&ドラティア
Posted byA.V.S.&ドラティア

Comments 0

Leave a reply