Article page

by
  • Comment:0
  • Trackback:0

 一連の九州震災より一月。
 事態はまだまだ収拾の糸口にも辿り着けないのが実情なようで。

 地元で放映中の総天然色版『ウルトラQ』も、「マンモスフラワー」に続きモングラーの登場する「甘い蜜の恐怖」まで自粛した模様。
 怪獣が街を壊す番組なんて放映できないご時勢なのか。

 そこ行くと巨大化怪人もロボも街を壊さず行儀よく戦う戦隊シリーズは安全安心だねっ。


 そんな感じで。今週のヒーロータイムレビュウだよ。

 『動物戦隊ジュウオウジャー』。病気の妹のために悪事の片棒を担がされる、という伝統の香り漂うベタベタなお話。正直それ以上でもそれ以下でもなかったのだが、それだけにまぁ安心して見られたわけで。奔放に見えて実は一番クールなアムの熱い一面を垣間見せる事が狙いだったのかな。本筋はまだ暫くお休みかねぇ。


 『仮面ライダーゴースト』。本格的に協力体制に入ったアランに呼応するように敵の計画も新しい段階に。歴代ライダーの中の人が敵として出てきたら見てるほうにはまるで勝てる気がしないのが困りどころ。一方で普通に生きてた五十嵐博士。その後何のフォローも無かったもんだから何のために出てきたのか分からんまま死んだのかと思ってたよ。唐突に再登場して過去の真実を語りだす様にはやはり聊か雑なものを覚えてしまう。子供化というかそれまで生きてきた時間を奪われた感じの人々の様は何を意味するのか。あまり色んなことを同時進行させるととっ散らかった印象しか持てんなぁ。
スポンサーサイト
A.V.S.&ドラティア
Posted byA.V.S.&ドラティア

Comments 0

Leave a reply