銭ゲバホイホイ。

 何やらパナマ文書とかいうものが経済界を揺るがしてるそうで。
 どうやら、租税回避地の顧客リストのようなものが流出したってことらしい。


 ……何て言うか、
 ワナの類なんじゃないかね、タックスヘイヴンって。


 「税金安いですよー。租税対策に便利ですよー」ってそこはかとなく宣伝することで。
 行き過ぎた財テクをもくろむ輩を誘引する。
 中にはそりゃ、道義的にそういうことしちゃいけない人だって釣れるだろう。

 秘密厳守とか謳ってるのかも知れんけど、
 公開したってそれこそ違法じゃないだろうしね。
 んで、こういうスキャンダラスな騒動になる。

 「規制のゆるさ」ってのは、一種のハニートラップなんじゃないだろうか、ね。

 当方共産主義者なんて極端なものではないが、
 こういう話を聞くと資本主義の行き詰まりを覚えてしまう。

 代用価値ばかり取沙汰してるから、こういう馬鹿話が普遍するんじゃないか、って。
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback