物理的データ移動。

 昔、とある特撮番組で、
 「電子データの体裁をした悪の大魔王をフロッピーに収納して持ち歩く」なんて事をやってたもんだが。
 ネットに繋がってない機器にデータを移すには、記録メディアを物理的に持ってゆくしかないのはこの頃から変わらない。
 ハンディなツールなら赤外線とかもあるだろうけど。

 と言うわけで。
 新車のカーナビとPCのサポートアプリでデータ交換を行うために16GBSDカードを購入。
 底値ならば1,000円くらいであるのな。ああいうメディアのグレードって何で決まるんだか。

 ・・・これで毎日車に乗り降りする度にこのカードを持ち歩かねばならんと言う手間が増えてしまった。
 ああいうデータって毎日更新されるものみたいだから、どちらかに入れっぱなしじゃ意味が無いみたいなんよ。

 どうも通話以外の携帯Bluetooth機能が上手く繋がらないので直接通信ができない。
 専用の通信モジュールを導入すれば手間も省けるらしいんだが。

 日々通勤に使うだけの車には無用の長物なのかも知れんけど。
 使える機能は、使ってみたくなるんだよねぇ。
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback