Article page

by
  • Comment:0
  • Trackback:0

IMG_0101.jpg
 先日より紹介していたゾイド久々のビッグアイテム、MPZ-01シールドライガー。
 外装を組み付けついに完成したため、改めてレビュウ。

 IMG_0102.jpg
 惑星Ziにおける地上戦の戦術概念を一変させたゼネバス帝国軍のサーベルタイガーに対抗すべくヘリック共和国が開発した大型高速戦闘ゾイド。
 電磁障壁E-シールドを装備し、高い防御性能も実現。

 IMG_0103.jpg
 カラーリングは2000年版準拠のビビッドなコバルトブルーとオレンジキャノピーである。

 IMG_0104.jpg
 旧キットと比較するとたっぷり二回り以上は大きい。
 スケールは同じ1/72なのだが、実は設定上の大きさ自体が変わっていたり。(全長21.6m→29.5m)

 IMG_0110.jpg
 IMG_0111.jpg
 大まかなデザインは似通っているのだがディティールは全く違う完全なリデザイン。
 この辺は「拡大解釈」に留まっていたHMMとは違うところ。

 IMG_0105.jpg
 コクピットキャノピーの展開。
 アニメ準拠なのか、複座式になっている。

 IMG_0106.jpg
 パイロットフィギュアは金メッキながら、新規に造形されている。

 IMG_0107.jpg
 頭部Eシールドジェネレータおよびラジエータフィンは手動展開。
 というか、側面部分は展開させないと電動アクションに干渉してしまうため必ず開かねばならない。これはデザイン上致し方ないところか。

 IMG_0108.jpg
 四肢基部のラジエータフィンも可動。

 IMG_0109.jpg
 もちろん内蔵式武装のパルスレーザーガンやミサイルポッドも展開。
 ミサイルポッドは横向きになったのね。

 IMG_0112.jpg
 ディスプレイや電動アクション鑑賞に便利なスタンド付属。

 かくして。
 度重なる発売延期の末に満を持して発売されたマスターピースゾイドであるが。
 確かにクオリティは高いもののちょっと詰め切れていないような部分もちらほら。
 特に個人的には前脚の滑らかな動きに対し後脚にほとんどアクションが無いのが気になった。
 何やら死んだスライド可動もあるので、オミットされたギミックもあったのかも知れない。

 第2弾は今夏発売予定のセイバータイガー。構造が共通している分順当だろう。
 こちらではどのくらい詰めてくるかな。
スポンサーサイト
A.V.S.&ドラティア
Posted byA.V.S.&ドラティア

Comments 0

Leave a reply