Article page

by
  • Comment:0
  • Trackback:0

 嫌なニュースばかりが流れる昨今。
 また時事から一くさり。

 進路指導上のミスから中学生の自死にまで至ったやるせない出来事に関しては周知のとおり。
 報道から伝え聞く限り、件の「指導」を行った学校に関しては全く度し難いというのは確かなのだけれど。

 それでも。
 件の学校に全国から非難が殺到し、指導を行った担任教諭などは全く体調も崩してしまったなどと聞くと。
 何だか我に返ってしまうものを覚えるところだ。


 また、無意識に他人をこき下ろしたくてうずうずしている世間一般の「義侠心」に、格好のエサを与えてくれたものだな、と。


 何事かをやらかしてしまった輩に対し、それまで顔も知らなかった相手からさえ糞味噌に罵られるなんて何時ものことではあるが、
 いかにそういう行為がヒトにとって「気持ちいい」ものなのか、改めて知る思いだ。
 別にそれが悪いとも良いとも言わない。ただそう言うものなんだと思うだけなのだけれど。

 たとえ人の生き死にに関わるものだとしても、ヒューマンエラーなんて決してなくなるものではなく、
 そして起きてしまった事はもう決してなかった事にはできず、できることと言えば今後のための経験則のひとつに計上する事くらいなわけだが。
 
 そんなんで割り切れるわけが無い、という感情論を口実に、見ず知らずの人間を吊るし上げる心理って、正直どうなのだろう?
スポンサーサイト
A.V.S.&ドラティア
Posted byA.V.S.&ドラティア

Comments 0

Leave a reply