コゴエンスキー襲来。

 暖冬で緩んだ今日この頃を劈く勢いで猛威を振るう今冬最大の寒波。
 在所界隈もまだ雪降る気配こそ無いがやたら冷え込む。
 これ降り出したらあっちゅう間に積もりそうだな。

 そんな寒さに震える日曜日。
 恒例・特撮ヒーローレビュウなのだが。


 『手裏剣戦隊ニンニンジャー』。明るくのーてんきな今時の忍ばないニンジャに血塗られた掟など無用、ということであっさり伝統芸能に見切りをつけ、ある意味実戦本位に基づく新方式を選択した当代の手裏剣戦隊。伊賀崎流の闇そのものとも言える九衛門をあっさりと圧倒。史上初親子3代レッド揃い踏みに至るというお話。この辺あんまりにも手間隙かけないので非常に安易な印象しかない。戦隊に求める要素では本来無いのかも知れないのだが、ここ5作ばかり濃い味の戦隊が続いたものだからどうにも薄くて軽いという感覚しかもてないのよ。そんなわけでどうにも乗れないままで本作もラストバトルに雪崩れ込む模様。ラスボスは九衛門なんだろうけれど、果たして側室の子にでかい顔されて蟄居中の正室がどう出るのかだけが気になる要素だったりもするのだった。


 『仮面ライダーゴースト』。一応仲間に立ち戻ったものの未だその真意や経緯が明らかになっていないマコト兄ちゃんのパワーアップ話ではあるのだが。それまで使いこなせなかった眼魂に宿る英霊をタケルとは違うやり方でどう手懐けるかがキモだったにも関わらずその辺あんまりちゃんとは描かれなかったよなぁ。今後もフーディーニがいう事聞かないって展開があるかないかでその辺ちょっと変わってきそう。結構眼魂一つ一つにエピソードを割くような様子なので、今後どう描ききるのかで2クール目の評価も変わってくるんじゃないかと。やはり、こちらもいまひとつ乗れない今期の仮面ライダーなのだった。
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback