餅食う人々。

 三が日→雑煮
 七日→七草粥
 十一日→鏡開き
 十五日→小豆粥

 ・・・とまぁ。
 松の内の食習慣といえばこんなスケジュールになるのかねぇ。

 そしてその全てに餅を使うのが普通。
 ・・・粥柱に餅を使うのは常識だよね?そうだよね?

 斯くの如く正月を初めとする慶事全般に餅が欠かせぬのが稲作国家日本。
 キセニア遺伝により取れ高が少ない餅米を使うという点が豊作の象徴と祈願の意味を持っているんだろうねぇ。

 主食作物がこれほど文化と一体になっている国って他にあるだろうか。
 身体が米で出来ている。それを自覚する機会と言うのが、日本のハレの日。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

A.V.S.&ドラティア

Author:A.V.S.&ドラティア
 脳味噌無駄遣い道を探求する共謀者たち・一退役兵とドラティアが関西辺境から世界を睥睨しつつ発信するためにならないブログ。

 旧『共謀空間』はこちら

分析生物飼育槽

投票ボタンなんだそうな。

blogram投票ボタン

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索