カンボジアから来た凄い奴。

 今日は冬至。冬の底の日。妙に温いけどね。
 柚子湯につかり、カボチャを食う日である。

 瓜の類というのは大体が夏場に実るものではあるが、
 皮が分厚く硬いものはそのまま半年近くももつことがある。
 カボチャもそのひとつ。

 そんな生命力を冬を乗り切るために取り込もうってのが起源だったのかもしれないね。
 結果的に理に適っていたわけで。


 IMGP4425.jpg
 ・・・まぁ、今日びこの時期出回ってるカボチャは南半球産がメインだったりするんだけど。
 ご利益に多分、違いはあるまいよ。
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback