2015/11/16

神域の木の実。

 今年は生り年なのか、
 よく柿を頂く。
 心なしか店先にも良好なのが多く並んでいるような。

 家の敷地にある果樹としては恐らく最多であろう柿の木。
 だが普通種から育った木になるのはすべて渋柿だという。
 突然変異で甘い実のなった枝を接木する事で、甘柿の木になるのだとか。

 古来柔らかく熟するのを待ったり、干したり湯や酒に漬けたりして渋味を克服してきたのだが。
 生成りですでに甘い柿は実は尊いものなんだね。

 個人的には硬くてさくさくと食感のいい柿のほうが好きなものだから。
 甘柿の存在は有難いのだよ。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

A.V.S.&ドラティア

 脳味噌無駄遣い道を探求する共謀者たち・一退役兵とドラティアが関西辺境から世界を睥睨しつつ発信するためにならないブログ。

 旧『共謀空間』はこちら