食玩侮るなかれ。(あちゃちゃちゃちゃちゃ編)

 IMGP4386.jpg
 11月は戦隊ロボの最終合体がミニプラ化される月。
 『手裏剣戦隊ニンニンジャー』4号ロボ、ゲキアツダイオーも『手裏剣合体ゲキアツダイオーとして順当にリリース。
 全6種でひとつ400円程度とお高め。

 IMGP4376.jpg
 今回メッキシールに加えクリアパーツも多用され見た目的にも豪華に。

 IMGP4368.jpg
 ホウオウマル。鳳凰型グライダーだそうな。
 ニン手裏剣と同梱。

 IMGP4369.jpg
 お値段の割りにこの小ささで割高感が。

 IMGP4370.jpg
 セイリュウマル。龍型バイク。

 IMGP4371.jpg
 ハンドル部分は何となくシノビマルなどと幅が合っていたり。
 だが乗れるとは言ってない。

 IMGP4372.jpg
 ゲンブマル。亀型タンク。
 凪ちゃんは作中影が薄い割りにメカは要部分を担当するのね。

 IMGP4373.jpg
 ビャッコマル。虎型RV。
 ちなみに今回各機ホウオウマルとゲンブマル以外転がし走行可能。
 
 IMGP4374.jpg
 パンダマル。パンダ型ヘリ・・・だそうな。
 あのクールな霞姐さんがパンダのメカを作るとは・・・なんて言うと「パンダは案外獰猛な動物なんですよ」とか返されそう。

 IMGP4375.jpg
 マゴイマル。鯉型潜水艦。
 「あっしはいずれ龍となる滝登りのカープでござんすよ」って感じかキンちゃん。

 IMGP4377.jpg
 この6体が合体する事でゲキアツダイオー完成。
 デフォで6体合体は初めて・・・って「言われてみれば・・・」って感じね。

 IMGP4378.jpg
 プロポーションは大分スマートな感じかな。
 クリアパーツの炎の意匠が綺麗。

 IMGP4382.jpg
 シュリケンジンと比べるとどうしても割高感が。

 IMGP4379.jpg
 可動は肘が深く曲がる分結構幅広いが、上腕にも膝上にもロールがないのが難。

 IMGP4380.jpg
 ちょっと意外だったのが必殺技ギミックの再現。
 背中のダイヤル構造をまわすと・・・

 IMGP4381.jpg
 胸に装填したミサイルが6連続押し出し発射。
 さすがにターレット部分が回るわけではないが、このサイズでよくやってくれたと思うギミック。

 IMGP4385.jpg
 さらにバイソンキング、ライオンハオーと合体・・・というよりシュリケンジンの代わりに乗り込む事で・・・

 IMGP4383.jpg
 覇王ゲキアツダイオー完成。
 覇王シュリケンジンより一体感が薄いのがちょっと難かな。

 IMGP4384.jpg
 頭頂部にとまるホウオウマルにはちゃんと超絶アカニンジャーフィギュアを立たせることが出来る。

 正直ライオンハオーをあの規模でミニプラ化した後なので今回の最終ロボはちょっと肩透かしな感じだわね。
 毎回コストとのせめぎあいが垣間見える戦隊ミニプラではあるが、今回もまぁ、よくやってくれたって感じかな。
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback