畑のホラー。

 明日はハロウィン、という事で。
 最近お茶菓子がカボチャ系。

 IMGP4364.jpg
 ・・・内容がワッフルなのにパケに描かれてるのがモンブランなのは何故なのか。

 すっかりハロウィンのシンボルとして定着したカボチャだが、
 元々は「カブ」を使ってたと聞く。

 カブといえば、
 昔読んだ童話で「魔女がカブを運んできたと思ったら人間の頭だった」という内容のものがあり、
 提灯に彫りぬくまでもなく、生首に擬えることのあった野菜であった事が伺える。
 太って畑の畝から飛び出した様が、首が埋まってるように見えたのかねぇ。

 カボチャがゴロゴロしてるのも首が転がってるように見えなくもない。
 殺伐とした欧米人の想像力って、やっぱちょっとビザール。
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback