夢を追いかけて、全てが変わる。

 IMGP4324.jpg
 平成ウルトラシリーズの中では「Nプロジェクト」シリーズとは真逆の意味での異色作だと個人的に思う『ウルトラマンコスモス』。
 ただ敵と戦い倒すのではなく、共存する道を模索するという基本理念を持つウルトラマンコスモス、その基本形態であるルナモードがULTRA-ACTで登場。
 やはり魂Web限定商品。

 IMGP4325.jpg
 宇宙の平和と秩序を司る神秘の巨人。
 地球に飛来する邪悪な精神体カオスヘッダーを追い、かつて地球を訪れた際出会った春野ムサシと一体化する。
 ルナモードは癒しと浄化の力に優れた「月の優しき光の如き、慈しみの青き巨人」の姿。

 IMGP4326.jpg
 優しさのウルトラマンのはずがやはりいつものマッチョ造形。
 ボディの随所にシャドーが吹かれているため余計にムキムキに見えたり。
 銀塗装がちょっと雑かな。

 IMGP4327.jpg
 ちょっと目の黒点が大きいと不評だが個人的にはあまり気にならない。
 カラータイマーの発色も綺麗。

 IMGP4328.jpg
 シンプルでスタンダードなウルトラマン顔に見えるが耳の中に三日月のような意匠があるなど何気に独特なデザイン。

 IMGP4329.jpg
 可動はほぼいつもどおり。肩周りが少し窮屈か。

 IMGP4330.jpg
 付属手首の表情が少々独特。
 指をピンと伸ばした所謂飛び姿勢用の手首は付属しない。代わりにその独自のキャラクター性を表すようなものが。

 IMGP4331.jpg
 スタンド用ジョイントはいつもどおり。

 IMGP4332.jpg
 カラータイマー赤。従来とはちょっと仕様が異なり本体側の凸ジョイントにはめ込む形に。

 IMGP4333.jpg
 相手の凶暴性を鎮める技、フルムーンレクトのエフェクト。クリアパーツに塗装で表現。
 重いのでスタンド穴があり、ここでは使っていないが専用のスタンドが付属する。

 IMGP4334.jpg
 取り付いたカオスヘッダーを分離する技、ルナエキストラクトのエフェクト。

 IMGP4335.jpg
 決して相手の前で拳を握らなかったウルトラマン。拳ではなく平手で梱包されてるところでもそのスタンスが表されていたり。

 
 『ウルトラマンコスモス』は、放映当時は何だかお為ごかしな印象があって正直あまり好きになれなかった作品ではある。
 ちょっと扱いの難しいテーマを取り上げた作品だったんじゃないかな。反動で次作の『ネクサス』がやたら殺伐として見えたり。
 ただまぁ、その慈愛を旨とするスタンスは結構好評だったらしく、今でも評価の高い作品。
 今見たらまた印象も変わるのかな。
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback