Article page

by
  • Comment:0
  • Trackback:0

 ―何故だかわからんが、
 「鶴を折ってくれ」と頼まれる。
 IMGP4304.jpg
 別にお見舞い品にするとかじゃないみたいだし、何なんだろう。

 折り紙の代名詞のようになっている折鶴だが、
 きれいに折るのは案外難しいものだね。
 嘴や尾の先に折り目が集中するので、ここがなかなかきれいにまとまらなかったり。

 ・・・しかし、正直。
 我々の知る生きた鶴とは、似ても似つかないよね?
スポンサーサイト
A.V.S.&ドラティア
Posted byA.V.S.&ドラティア

Comments 0

Leave a reply