Article page

by
  • Comment:0
  • Trackback:0

 基本、猫は保守的な生き物だと言われている。
 テリトリー内で単独生活するのが基本の動物だからだ。

 所謂猫の好奇心というのも、領域内で見つけた見慣れないものに対する警戒心の表れなのだろう。

 ―だが猫にも個性と言うものがある。
 仔猫のころうちにやって来た初日から警戒心も見せず奔放に振舞っていた我が家の姫様の場合。
 割と変化にも柔軟に対応する図太さを見せることがある。

 代表的なひとつが、食事に関すること。
 普通、食べなれたもの以外はあまり口にしないと言うことなのだが。

 いつも行きつけの獣医さんで貰ってくるフードを食べているのだが、
 どうもこれに飽き足りてしまっているらしい。
 特に今時の、暑くて食欲が落ちる時期などは、覿面に食べなくなってしまうのだ。
 IMGP4035.jpg

 だが、これにいつもと違うフードや、ペット用スナック類などを混ぜてみたら、
 打って変わって食べて見せる。
 器を覗いて、何も混ざってないと、不服げな顔をしたりもするのだ。

 IMGP4036.jpg
 こと味覚に関しては普通とは別の意味でうるさいってことかね。むぅ。
スポンサーサイト
A.V.S.&ドラティア
Posted byA.V.S.&ドラティア

Comments 0

Leave a reply