Article page

by
  • Comment:0
  • Trackback:0

 ―周知の通り。
 またもや『ガンダム』がこの秋、地上波に降臨する。


 ・・・定期的に戦争が起きねば軍需産業が成り立たないのと同様に、
 1~2年に一本は『ガンダム』がないとBンダイが成り立たないのだろう(ぉぃ 。

 ともあれ、
 『Gレコ』『BFTF』からたった半年という短いスパンでもって開始される新作TVシリーズ、『鉄血のオルフェンズ』。
 「ああいう顔でトリコロール配色で鉄砲と楯持ったロボットが出てくるアニメ』でしかなくなってきた『ガンダム』ではあるが。
 またちょっと毛色の変わった世界観を持った作品のようだ。

 最新型の超高性能機でも世界を滅ぼした伝説のマシーンでもない、ただの動力炉として長年打ち捨てられていたジャンク寸前の「ガンダム」。
 同様に打ち捨てられた少年たちが、生き延びるためにこのガンダムを動かすと言うのがその導入らしい。
 まぁ聞くだに辛気臭い内容。これだけ枯れ果てた世界観は『ガンダム』では珍しいくらい。比較的小奇麗なのが多かったからね。

 製作陣がこういう系統の作品に慣れていないんじゃないかと不安がられたりもしているようだが。
 まぁ、蓋を開けてみなければ判らんよね。
スポンサーサイト
A.V.S.&ドラティア
Posted byA.V.S.&ドラティア

Comments 0

Leave a reply