Article page

by
  • Comment:0
  • Trackback:0

 なにやら関東甲信越梅雨明けとか聞くねー。
 世間は所謂夏休みに突入。劇場版公開も間近。

 そんな特撮ヒーローレビュウ、今週も行ってみよう。


 『手裏剣戦隊ニンニンジャー』。新幹部登場とヒーローものにありがちな「夢」を扱ったお話。こういうお話は子供たちよ何時でも夢を持っていてくれよと言うある意味大人的な願望を反映している気もするが、夢を失った堅実な様こそ逆に理想的であると言う皮肉も描いてるような気もしたりしなかったり。ヒーロー番組が教導番組だというのなら、現実世界の世知辛さもそこはかとなく教えてゆくべきなのかもしれないぜ?念願かなって事実上弟子入りを果たしたキンジの殊勝な後輩っぷりにも和んだ一幕なのだった。

 『仮面ライダードライブ』。人類を守る戦士・仮面ライダー泊進ノ介と、人類を脅かす機械生命体の首魁ハートロイミュードとの、ひとつの心の交流。ここでようやくと言うか、進ノ介もロイミュードが「悪」ではなく彼らなりの「正義」でもって活動していることを知ったのかも知れない。自らが「出来ること」を追求し続けること。それは人の営みの歴史とどう違うのか。その過程でいずれかが屈服あるいは殲滅させられたとしても、それは結果に過ぎないのだ、と。互いの存続と進歩をかけてせめぎ合う人類と新生命。だがそれは何者かの掌上で繰り広げられているだけのものなのか。どうやら劇場版ともがっつりリンクしている様子の『ドライブ』。最終コーナーの向こうはまだ見えない。
スポンサーサイト
A.V.S.&ドラティア
Posted byA.V.S.&ドラティア

Comments 0

Leave a reply