Article page

by
  • Comment:0
  • Trackback:0

 碌なニュースがない昨今、
 久々に明るい話題として全国をそれなりに沸かせたのが、女子蹴球世界杯における日本代表(なんたらジャパンとかいう言い方は気持ち悪いのでしない)の決勝進出。

 前回思いがけず優勝を拾った故に初の連覇が期待され、
 もう連日連覇は成ったも同然のように騒いでいたわけだが。結果は周知の通り。

 そうするとまぁ、現金なもので。
 毎日毎日新聞のTV欄に踊っていた例のなんたらジャパンという文字がきれいになくなってしまった。
 今日わずかに帰国報道が書かれてたくらい。
 これ優勝してたら2~3日はなんたらジャパン一色だったろうね。

 自分にスポーツに入れ込む趣向がないからだろうとは思うけれど、
 毎度この手の風潮には、多少何だかなぁって気分が拭えないものがある。
 もう少し冷静に見られんものなのかな、と。

 勝ち負けという要素がある分、
 どうしても国家間の代理戦争じみた側面を完全には消せないスポーツ世界大会。
 せめて生臭い遺恨などとは無縁であって欲しいものだが。
スポンサーサイト
A.V.S.&ドラティア
Posted byA.V.S.&ドラティア

Comments 0

Leave a reply