Article page

by
  • Comment:0
  • Trackback:0

 農耕の節目時期のひとつとされ、
 転じて農業を休む時期、してはいけない時期とする風習さえある日。

 そんな節気、「半夏生」が正に今日。

 この日ごろは丁度、同じ名を持つドクダミ科の草にとある変化をもたらす時期としても知られる。

 IMGP3945.jpg
 花序が付くと同時に、それを取り巻く葉だけがつや消し塗料でも塗ったように真白になるのだ。

 IMGP3946.jpg
 花弁の代わりに花を目立たせ、虫を寄せるためなのだそうだ。
 何とも不可思議なメカニズム。
スポンサーサイト
A.V.S.&ドラティア
Posted byA.V.S.&ドラティア

Comments 0

Leave a reply