Article page

by
  • Comment:0
  • Trackback:0

 OSがWin7SPや8の人はお気づきだろうが、
 最近タスクバーの右端にWindowsマークが現れている。

 近々リリースされる新OS、Windows10への無償アップグレードを予約するインジケータなのだそうだ。

 ここで予約しておけば、
 リリース後のアップデートで自動的に新OSに更新されると言う手筈らしい。

 Winの新バージョンと言えば、
 鳴り物入りで発売が喧伝され、電器屋の店先に行列を作るのがこれまでの流れ。
 古いOSはサポートが終了してしまうため、事実上強制的に新バージョンを買わされるという破目に陥ることになる。

 それが今回無償アップグレードに踏み切ると言うのは、
 それまでのMS商法を経てきた身には少々薄気味悪い気もする。
 奴ら何を企んでいるんだ、と。

 世界中で恐らく最も広く用いられているソフトウェアである。
 半ば公共的インフラのひとつとしても過言ではないくらいに。
 無償配布は、ある意味必然と言えるのかも知れない。

 ―逆に言えば、
 もはや無償であっても商売が成り立ってしまうほどに浸透してしまったと言うことなんだろうね。
スポンサーサイト
A.V.S.&ドラティア
Posted byA.V.S.&ドラティア

Comments 0

Leave a reply