Article page

by
  • Comment:0
  • Trackback:0

 IMGP3694.jpg
 「データベースによりますと『約四万八千年前までこの地上で2番目に知能の高い生物だった』とあります」
 「人類は?」
 「―3番目のようです」


 ・・・・・・何か今聞いてもいろんな事を想起させるやり取りだなぁ。

 
 ともあれ。
 「イルカ追い込み漁は残酷だからやめろ」という海外からのバッシングに国内から戸惑いの声が多数上がっていることは周知の事実。
 海棲哺乳類大好き欧米人(大型海牛を絶滅させた前歴あり)がイルカクジラに関して放つ日本叩き発言には理性の欠片もないヒステリックなものしか覚えられない極一般的な海洋民族の末裔な訳だが。

 あれは一体、どういう心理から出ている発言なんだろうねぇ?
 理解できなくもないが、理性が理解することを拒んでしまうような、もやもやしたモノを覚える。
 何か非常に怜悧で実利的な本音が隠れているんじゃないかと勘繰るほどに。

 「自身より下等とみなす生物に対し憐憫を示して『上等な人間』ぶる」というのは
 「その生物の恩恵を有難く押し頂く」よりもはるかに下衆な了見だと思うんだけどねぇ?
スポンサーサイト
A.V.S.&ドラティア
Posted byA.V.S.&ドラティア

Comments 0

Leave a reply