Article page

by
  • Comment:0
  • Trackback:0

 ―さて。聊か唐突だが。
 諸氏においては「数学」は得意なほうだったろうか?


 「数学なんて何の役にもたたねえよ」ってのが数学苦手な手合いの言い分であろうけれど。
 「確かに三角関数も代数も一般生活には不要だ。だが『数学的にモノを考える頭』ってのは絶対必要だ」というのが、
 文系一族に叛逆して理数系に進んだドラティアの意見である。

 「・・・科目としての数学がそういう頭を育むように出来てるかどうかは知らんが」と付け加えてたが。


 かくいう儂などは、まぁ苦手じゃないんじゃないかな、って程度の自負はある。
 だがそれは腰をすえて数字に挑む姿勢を作る事が前提。

 ちょっとした暗算や、何てことのない位取りがびっくりするほど出来なかったりする。
 何だか数字が、頭に入ってきづらいのだ。
 先日なんか、メジャーの目盛りが読めずに人に呆れられてしまったよ。


 儂はやっぱり壊れ頭なんかねぇ、とドラティアに言ってみたところ、
 「お前はまず右脳主体でモノを考えるクセを何とかしろ」とかいう趣旨のことを言われた。


 ・・・・・・いやそれ。クセっつうか。
 自分じゃどうにも出来ないことなんじゃない?
スポンサーサイト
A.V.S.&ドラティア
Posted byA.V.S.&ドラティア

Comments 0

Leave a reply