Article page

by
  • Comment:0
  • Trackback:0

 IMGP3501.jpg
 白華の 送り出すなり 卒業子


 肌寒さが戻ってきた週明け。
 近隣にある小学校も卒業式を迎えた。

 今年はどれだけの児童が、蛍の光で校門をくぐったのだろう。

 少子化で在所界隈の小学校も統廃合が進み、
 公立幼稚園なんて半数以上が閉園になってしまっている。
 そんな話を聞くと、どれだけ世の中が子供を生み育てるのが難しい仕組みになっていっているのかと暗澹たる気分にさせられる。

 先の事を考える余裕すらなく、身食いをするのに夢中になっている。
 所謂経済大国というものをこの国が標榜して以来、そんな道を辿りつつあるのが現状ではなかろうか。
 
 何とかしよう、という向きもあるにはあるけど、
 その何とかの仕方が、おかしな方向に行ってはいないか。
スポンサーサイト
A.V.S.&ドラティア
Posted byA.V.S.&ドラティア

Comments 0

Leave a reply