共に生きてゆくということ。

 先日も書いたが、
 ハンナ姫様はこの春で満7歳になった。

 IMGP3494.jpg
 普段の行動が箱入り気まま娘なので忘れがちだが、
 猫としてはもういい齢。
 実質おばさん猫なのである。

 本日かかりつけの獣医さんにフードを貰いに行った際、
 「そろそろ中高年用フードに推移することも考えてみて」とサンプルを渡されてしまい、
 もうそんな必要が見え始めるのか、と軽く愕然とする。

 昨今栄養面の改善で大幅に伸びたという飼い猫の寿命だが、
 それでも同じ猫と暮らせるのは良くてせいぜい十数年。
 それなりの覚悟もせねばならない時は、必ずやって来る。

 普段あまり考えないようにしているそんなことも、まざまざと突きつけられたような気がする。

 
 いつかそんなときが訪れる、その日まで。
 願わくば姫様が「この家で暮らせて幸せだった」と思っていてくれますように。


 そして自分はその後も、また猫と暮らそうと思う。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

A.V.S.&ドラティア

Author:A.V.S.&ドラティア
 脳味噌無駄遣い道を探求する共謀者たち・一退役兵とドラティアが関西辺境から世界を睥睨しつつ発信するためにならないブログ。

 旧『共謀空間』はこちら

分析生物飼育槽

投票ボタンなんだそうな。

blogram投票ボタン

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索