Article page

by
  • Comment:0
  • Trackback:0

 何処とは言わんが、電話やネットのプロバイダが、
 「支払い専用のカードを切り替えてくれ」という通知を寄越してきた。

 「ネットで簡単に前のカードから引き継げますよー」なんて書いてあるものだから、
 まぁ直ぐに出来るだろう、と高をくくっていたのだが。

 ・・・これがまぁ、とんでもなかった。

 まず手続きのためのログイン。
 これが普段料金確認などに使っているものとは別のIDを使わねばならない。
 そっちのIDなんて忘れてしまってるし、アナログでも残っていない。

 何とかログインに成功し、引継ぎ手続き画面に入ることは出来たのだが。
 簡単な引継ぎなんてもんじゃない。1から始まるカード審査である。
 当然個人情報を明記せねばならんのだが、実は名義が自分ではなく家族のもの。
 代理での手続きなんて出来るはずもない。
 
 どこが「ちょっとした引継ぎ事項の確認のみ」だ。
 聞いてないぞこんなの。それとも世間一般ではこの程度は簡単な部類でこちらが低能だというのか。

 カードの引継ぎの必然性も謎なら、話が違うのも謎。
 ちょっとこれは直談判がいるんじゃないか。


 ここで愚痴っても仕方がないが。
 ちょいと不快な思いをしたので吐き出させてもらった。嫌な人はスルー要請。
スポンサーサイト
A.V.S.&ドラティア
Posted byA.V.S.&ドラティア

Comments 0

Leave a reply