Article page

by
  • Comment:0
  • Trackback:0

 さて。とある事情により先週はお休みした『列車戦隊トッキュウジャー』も今週は復帰。
 予期せずスケジュールが1週遅れることとなったが。どこかで調整するのかな。

 それも含めて、今週のニチアサヒーローレビュウ。

 『烈車戦隊トッキュウジャー』。毎度毎度主人公を酷い目に遭わせることには定評のある靖子にゃん脚本であるが、それを必ず「それまで培ってきた関わり」でもって打破するのもお約束。よって元に戻ったはずのトカッチら4人はわずかに残った違和感からライトの存在を思い出し、5人全員で戻れなければ意味はないと彼の元へと馳せ参じる。その結果が取り返しの付かないものになるかもしれないとは考えもしない。いつも自分たちの前を率先して走っていた大切な仲間を取り返すために、それだけのために彼らはまた、戦いの場に舞い戻るのだった。
 さて一方のゼット。彼の真意も実はまだ見えない。本当にグリッタを手にかけ、「キラキラ」に見切りをつけてしまったのか。彼にとっては本当に「キラキラ」とは珍しい宝石のようなものでしかなかったのか。それが語られてこそ、この物語にも真の結末が訪れるはず。闇夜に光明を探しひた走る夜汽車の物語、次回終着駅。


 『仮面ライダードライブ』。大月ウルフさんお久し振りお元気そうで何より!って往年来特撮見てる人間はそれだけで今回の感想終わらせたい気もするけど。ともあれ、結構真っ当に「人間を護るヒーロー」やってる最近のライダーでは案外忘れがちな事実「人間にも悪い奴はいる」のパターン話。こういうのは忘れた頃ぐらいに来るもんだから意外と効く。今回は特にパワーアップが上手くいかない要素と絡めてあった分ヤキモキ感を煽ってたわけね。だがそれもその大月ウルフ博士襲来により何だかボケた顛末になった気がしないでもない。1号2号が共通のパワーアップアイテムで似たような姿になるってのは新しいんだか何なんだか。本筋的にはチェイスがプログラムの呪縛から逃れる事が出来るか否かってところなんだろうねぇ。
スポンサーサイト
A.V.S.&ドラティア
Posted byA.V.S.&ドラティア

Comments 0

Leave a reply