Article page

by
  • Comment:0
  • Trackback:0

 靖子にゃん戦隊レッドは終盤闇堕ちするのがデフォなのだろうか・・・とか思った皆さんこんばんは。
 (ヒロムは闇堕ちとはちょっと違ったが)

 日曜恒例・朝の特撮ヒーローレビュウでありますよ。


 『烈車戦隊トッキュウジャー』。乗り換えて色が変わるギミックの転用というか。ライトに染み付いた闇の作用でトッキュウ一号ブラック爆誕の段。歴代最も大きな「歪み」を抱えたスーパー戦隊、「この戦いは最初から普通じゃない」との言葉通りにその歪みがどんどん噴出してゆくような展開が見ていて切ない。闇の中にあって見た光に憧れ続けるゼットと光に満ちた存在でありながら身も心も闇に染まってゆくライトの様は全くの反転像。途中何人かの闇の住人が様々な形で「キラキラ」を手にするようになったことも、この作品が最初から光と闇の交錯の物語であったことを象徴するかのよう。「来途」と「絶途」、陰陽のとりかえばや物語はクライマックスに突入する。

 『仮面ライダードライブ』。「人を護るロイミュード」の出現と共にクローズアップされる魔進チェイサー=プロトゼロの正体。「興味がない」ことを口実に今まで人を傷つけたことは一度もなかった死神チェイス。其れはどうやら、本来から人を護るために生まれたという事実の露呈であったようだ。だが。そんな存在をハートらロイミュード陣営は何ゆえに同志として取り込んでいるのか。そしてその事実は何故霧子には隠されなければならないのか。おちゃらけていながらチェイスをはじめロイミュードには苛烈なまでの意志で持ってあたる剛の様子も交え、その辺が中盤のキモになる模様。
スポンサーサイト
A.V.S.&ドラティア
Posted byA.V.S.&ドラティア

Comments 0

Leave a reply