Article page

by
  • Comment:0
  • Trackback:0

 待降節最後の日曜日。
 こんな片田舎でも何となく街中が煌びやかになってゆくこの時期。何のかんの言っても結構楽しいやね。

 全国の子供たちも待望の日に向けて。
 恒例・特撮ヒーローレビュウ。


 『烈車戦隊トッキュウジャー』。年末の一波乱。ノアにシュバルツ、闇の住人の中にあって「キラキラ」の何たるかを理解し、自らのものとし得た2人の退場。闇の中にあって初めてキラキラを抱いたグリッタと、キラキラに焦がれながらもそれを理解できないゼットは孤独に沈むこととなる。ニュアンスとしてはかなり違う孤独ではあるが。ゼットはグリッタと分かたれてしまうことによって、キラキラを手にする機会を永遠に失ってしまったのかもしれない。そしてその一方。ようやく「本当の意味で」トッキュウジャーの一員となった明。闇に生まれながら、彼こそ「キラキラ」を具現することになった。彼がまた新たな、物語の新たな契機となるのだろう。きっと。

 『仮面ライダードライブ』。お話自体はいつも通りの事件解決編ではあったが、本筋に関わるいくつかの情報が提示されることに。敵新幹部メディックの出現、チェイスの正体、そしてもう一人のライダーの出現。平成ライダーは2号ライダーが登場してからが本番。普通に面白いんだけど、とりわけ書くことがないんだよね、『ドライブ』。
スポンサーサイト
A.V.S.&ドラティア
Posted byA.V.S.&ドラティア

Comments 0

Leave a reply