Article page

by
  • Comment:0
  • Trackback:0

 もう前世紀末から展開開始してはや16作目。
 本日からまた新しい仮面ライダーがスタート。
 それを含めて、今週のヒーロータイム。

 『烈車戦隊トッキュウジャー』。どうやら後半最初の山場。キングライナーハイパーレッシャーターミナル登場により、レインボー、シャドー両路線の事情が明らかになってきた回。どうやらやはり実際は子供のままであるらしいトッキュウジャーの面々、闇に近付きすぎて闇に染まってきてるのではと疑われる模様。悪魔に対応する最前線の天使が闇落ちを疑われるのと似たようなものか。光と闇は相容れない。そんな根本を「本当にそうなのか?」と問うのが本作のテーマの一つと思うのだが、そこに一石を投じる転機となるか。

 そして今週から始まる新番組。「ライダー」の癖に四輪車に乗る、というツカミで話題を振りまく新ライダー、初の警察ヒーローでもある『仮面ライダードライブ』である。「人間が処理落ちする」という怪現象重加速に伴う謎の怪物ロイミュードの襲撃に対抗する、トラウマ持ちの若い刑事とその相棒となる意志を持った変身ベルト。何ていうか中々に心躍る要素を詰め込んだ導入である。かの『W』を世に送ったベテラン三条陸氏をメイン脚本に迎え、発生編と解決編の2話構成による重加速犯罪への対応が基本になる模様。「ひとっ走り付き合ってもらう」「いいね、走りに幅が出る」などの気の利いた三条節で視聴テンポも心地よい。とりあえず導入で斬るところもないが、また1年楽しめそうな予感。
スポンサーサイト
A.V.S.&ドラティア
Posted byA.V.S.&ドラティア

Comments 0

Leave a reply