Article page

by
  • Comment:0
  • Trackback:0

 久々列島縦断コースだった今回の台風。
 被害に遭われた方々にお見舞い申し上げる。

 進行コース間近ながら在所はさしたる影響を被らなかった事にはほっとしたような申し訳ないような。


 だが。
 高校野球が中止になったおかげで。
 L字付きながら、関西圏でも『鎧武』が放映されたよ。

 それを併せて。
 今週の特撮ヒーローレビュウ。

 『烈車戦隊トッキュウジャー』。新合体お目見えEPと同時に、ライトら5人に蘇る故郷の記憶。こうして彼らはまた新しいモチベーションで以って旅を続けることになるわけだが。同時にグリッタ嬢関連に衝撃的な結末が待っていたわけだ。ゼットが憧れるキラキラな輝きとはつまり、自分以外の何も見えない闇の中では考えられない「誰かが誰かを思いやる気持ち」のことだったのか。ゼットは要するに、それを珍しい宝石か何かのように愛でたいだけだったのか。闇の住人の中で尚生まれたそんな小さな小さな気持ちを奪い取り復活を遂げるゼット。その思惑は未だ明瞭ではない。闇に飲まれて尚光を抱き続ける者たちとこの孤独な闇の支配者の行き着く先とは。

 『仮面ライダー鎧武』。人のために良かれと奔走するうち、人でないものに変わってゆく。我武者羅な絋汰に遂に直接告げられる残酷な運命。世界を作り変えると言うことは護ることではなく壊すこと。それを護ろうとしているはずの人々は決して認めはしないだろう、と。元より人のために戦い続けることを標榜していた剣崎一真や、ある意味「壊れていた」火野映司とは違うただの何処にでもいるお人好し青年だった絋汰に突きつけられる最後の選択。結局彼は愚か者らしく愚か者のままでぶれず曲がらず突き進むことを選ぶ。それはただの問題の先送りでしかないのかも知れないが、同時にいくつもの事を考えられそうにない彼としてはそれしかないのだろう。主人公の最後の方向性が定まったところで、『仮面ライダー鎧武』は最終章に突入する。
スポンサーサイト
A.V.S.&ドラティア
Posted byA.V.S.&ドラティア

Comments 0

Leave a reply