Article page

by
  • Comment:0
  • Trackback:0

 IMGP2834.jpg
 「やれやれ、なのです!」

 今尚話題の絶えぬアニメ『魔法少女まどか★マギカ』。
 先秋公開されたその完全新作劇場作品『新章 叛逆の物語』に新たに登場した魔法少女、百江なぎさがfigmaで登場。

 IMGP2822.jpg
 TV本編で巴マミを殺害し、そして『叛逆の物語』では何故かそのマミのパートナーとして登場する「お菓子の魔女」べべ。
 その「原型」とも言うべき、魔法少女としての姿。

 IMGP2823.jpg
 ・・・実はfigmaとしては様々な新機軸を盛り込んだ意欲作。

 IMGP2824.jpg
 特徴的なアイプリントも如実に再現。

 IMGP2825.jpg
 実は恐らくfigmaとしては歴代最小のサイズ。
 元より小型のまどマギfigmaよりも頭一つ小さく、小柄なキャラクターを再現している。
 肩幅なんて肩用ジョイント二つ並べたのとほぼ同じ幅しかないというタイトなクリアランス。

 IMGP2826.jpg
 加えてケープを羽織ったあまりにもアクションフィギュアに向かない衣装デザインに工夫を凝らした可動を仕込んであり、多少癖はあるものの両腕の可動域は意外なほど大きい。
 一方特徴的な形のスカートのおかげで下半身の可動は申し訳程度。

 IMGP2827.jpg
 アクションフィギュアのネックの一つである長い後ろ髪は頭部ではなく背中側に固定されているという思い切った処理。
 両側の房のみ頭部から出ており軟質素材製。
 頭巾から飛び出した短いお下げはボールジョイントで若干可動する。

 IMGP2828.jpg
 武器?のラッパ。
 持ち手は左右あり、ちゃんと口元に持ってこられる。

 IMGP2829.jpg
 そしてナイトメアや使い魔を捕らえるのに用いていたカバー付きトレイ。
 ダボつきの専用持ち手(これも左右あり)で安定して保持。

 IMGP2830.jpg
 交換表情の一種はもう一つの姿であるべべのもの。

 IMGP2831.jpg
 そしてそのべべ自体も付属する。
 専用スタンドでディスプレイ可能。

 IMGP2832.jpg
 首と両腕が可動。
 お座り状態の下半身も付属。

 IMGP2833.jpg
 マミに付属していたお菓子の魔女とはデザインなども結構違ったりする。

 IMGP2835.jpg
 女神様とかばん持ちーズ。
 過去の魔女も魔法少女も全て円環の理に救済されたのなら、最も印象的だった魔女である彼女が登場して当然だったのかもね。


 『叛逆の物語』は、自己犠牲という概念こそ至高とする救済の物語として綺麗に畳まれた本編を真っ向から否定しぶち壊すという恐るべき作品だったわけだが。
 狂おしいほどに純粋でおぞましいほどに身勝手な「少女の願い」を悪意に満ち満ちた形で「肯定」した、エゴイスムの物語である『まどか★マギカ』の進む道としてあるべきルートを描いていたのかも知れない。

 ―正直、せっかくの新キャラであるこのなぎさは印象薄くなっちゃってるんだよね。このfigmaはよく出来てるんだけど。
 
スポンサーサイト
A.V.S.&ドラティア
Posted byA.V.S.&ドラティア

Comments 0

Leave a reply